読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちQ&A!~ひとりぼっちの地球侵略感想ブログ~

月刊少年サンデー『ゲッサン』にて好評連載中の漫画『ひとりぼっちの地球侵略』について、徒然なるままに感想を書いていくブログです。

時緒、かける少女(5)

f:id:thursdayman:20160331231715p:plain

 (5)

 

 「どうして逃げたの、お姉ちゃん」

 私は最初と同じ真っ暗闇の中に立っていた。

 目の前に、小さな大鳥先輩がいる。

 小さな女の子とは思えないような恐ろしい、憤怒の表情だ。

 「逃げなければあそこにいられたのに! 大鳥希よりも先に広瀬岬一が欲しくないの!?」

 「ごめんね。私、きっかけを捨てられないの」

 怖い。怖いけど、ハッキリと言わないといけなかった。

 「だってきっかけがなければ、私は岬一くんと一緒に居たいと思うことすらなかったんだもの。それが叶わないかもしれないとしても、私は同じだけの、別のきっかけで立ち直れた。だから、いいの。私はここにはいたくない」

 「ふざけるな! お前もあいつと同じだ! きっかけがあるからそうして幸せそうな顔をしていられるんだ! 私には、私にはそんなもの、一つもなかったっていうのに……!!」

 ああ、と思う。

 そうか、この子はきっかけを一つも得られなかったんだ。だからあそこにきっかけを作ることも、私の中のきっかけに気づくこともできなかった。

 なんて可哀想なんだろう。きっかけを知らないからあれを作ることができたのに、きっかけを知らないからあれを守ることもできなかったんだ。

 「もういい! お姉ちゃん無しでも私一人で大鳥希に悪夢を見せることはできる! 折角のトッピングが台無しだ……!」

 闇が色を濃くしていく。小さな大鳥先輩が私に向かって歩き出す。

 「全て済んだら大人しくここから出してやろうと思っていたがもうやめだ! 憂さ晴らしだ、ありったけの悪夢を見せてやる……!」

 憎しみを顔いっぱいに貼りつけて、女の子が近づいてきた。

 逃げなくては。あの入学式からだけじゃない、この真っ暗闇からも抜け出さないと。

 私は小さな大鳥先輩に背を向けて走り出した。

 「逃がさないわよ!ここは私の空間だ!」

 ここに来てからどのくらい走っただろう。もう時間も回数も思い出せない。

 何度目かの全力疾走。何もない闇の中を進み続ける。

 ――体が重い。

 行きの速さが嘘のようだ。

 向かい風のように、闇が私の前進を阻んでくる。

 歯を食いしばる。前進で抗う。

 見えない何かが私の手足を絡み取ろうとしてくる。

 理想的なフォームが取れなくなっていく。それでも足を前に出す。

 真っ暗闇の終わりは見えない。寧ろ一層濃くなっているかのようだ。

 顎が上がってしまう。首が左右に揺れるのを感じる。

 止まってはいけない。あの女の子に捕まってしまう。

 後ろを振り向くこともできない。

 いや、振り向いてはいけない。きっと少しも逃げきれていない。

 今後ろを向いたらもう走れない――!

 「諦めなさい! どうせここに出口なんてないのよ!」

 女の子の怒声がすぐ後ろで聞こえる。

 目の前闇は、手が届くくらいの距離感も掴めないくらいに深い。

 足元もおぼつかない。

 ダメだ、捕まる。

 助けて。

 

 

 ドクン。

 

 

 自分のものではない心臓の鼓動が、闇を揺らした。

 背後の闇が赤い光に散らされる。

 背中を切り刻むような恐怖が薄れた。

 足を止めて振り返る。

 私から少し離れた場所で小さな大鳥先輩も後ろを見ていた。

 

 その向こうで。

 真っ赤な炎が闇を焼いていた。

 空を目指してまっすぐに燃え立つ紅蓮が、そのまま周囲の暗闇を脅かし、やがて白く染め上げていく。

 炎は上に昇っていく。

 あの炎はどこへ行くのだろう。

 「しまった……!」

 小さな大鳥先輩は焦ったようにそう言うと、炎の方に向かっていく。

 

 今だ。

 私は再び走り出した。

 目の前に視線を移す。

 明るくなっていく薄暗い空間の先に、光が差し込む切れ目があった。

 あそこが出口だ。

 ラストスパート、これでここから抜け出せる。

 外へ。

 後ろの炎がもう見上げるところまで昇ってしまったのを感じる。

 炎は上へ、私は前へ。

 違う方向へ一直線に。

 切れ目はもう目前だ。

 右手を伸ばす。

 何もなかった空間の中で確かな手ごたえがあった。

 切れ目を掴んで引きのばす。

 光が広がっていく。

 「いっけえええええええええええええええ!!」

 私はそこへ飛び込んだ。

 

 

 

 炎の熱を感じる。

 渡された沢山のカイロ。一緒に沸かした文化祭のコーヒー。

 彼はきっと別の道へ、違うものを目指して進んでいる。

 追いつくも何も、もう歩む方向が違う。

 熱はいずれ感じられなくなって、彼方に光る灯りを見つめるだけになるのだろう。

 だとしても、構わない。

 あの熱の温かさを私はちゃんと覚えている。

 言い訳なんかじゃなく、私はそれでやっていけるから。

 そんなことが、ささやかだけれど、嬉しかった。

 

 

~時緒、かける少女(6)へ続く~