ぼっちQ&A!~ひとりぼっちの地球侵略感想ブログ~

月刊少年サンデー『ゲッサン』にて好評連載中の漫画『ひとりぼっちの地球侵略』について、徒然なるままに感想を書いていくブログです。

時緒、かける少女(3)

f:id:thursdayman:20160331231715p:plain

 (3)

 

 4月。初めて着る高校の制服は、まだ固くて少し動き辛かった。

 

 入学式の青箱高校は離れていてもすぐ分かるほど満開の桜に包まれている。

 

 私は走っている。

 

 他の新入生を追い越していく。

 

 舞っていく桜の花びらを更に散らすように、風を切る。

 

 私は走っている。

 

 あのとき、走り去っていった男の子に自分を重ねていく。

 

 探さないといけない。

 

 あの人よりも早く。

 

 私は走っている。

 

 あの人よりも速く。

 

 背中が見える。

 

 ちゃんと覚えている。

 

 同級生とは思えない、低い背丈。

 

 私は、

 

 「岬一くん!」

 

 小さな背中が振り向く。

 

 「おはよう、古賀さん」

 

 私は、岬一くんに追いついた。

 

 

 

 私が息をついて歩き出すまで、岬一くんはじっと待っていてくれた。時間に余裕がある中何故か全力で走って来た私を見る新入生の視線が少しだけ痛いけど、今は何よりも岬一くんが一緒に歩きだしてくれることが嬉しい。

 正門に向かいながらどちらともなく始まった会話は、蓋を開けてみれば他愛のないものだった。朝何時に起きたか、家族とどんな会話を交わしたか、どんな朝食だったか。岬一くんは自分の家のこととなると一見不愛想なことを言うけれど、本当は家族のことがとても好きなんだということがすぐ分かってしまう。そんなちぐはぐで、でもまっすぐなところが良いと思えて、私も楽しくなる。

 新入生の中に親しい1-2組のクラスメイトの顔も見え隠れしていることに気づく。教室に入ったらみんなといつものように笑い合える。柔らかい笑顔でみんなを和ませてくれる明石先生もきっと待っている。

 何より、今は岬一くんが一緒だ。これから同じクラスで1年間共に過ごしていける。

 これが私が欲しかったもの。私があの人より速く走れたから手に入れられたもの。

 「ほら、もう正門だよ」

 岬一くんが入学式の看板を指さす。

 ここに入れば、私の願いが叶う――

 

 「広瀬くん…?」

 

 正門に入ろうというときに、後ろから声がかかった。聞き覚えのある……筈の声。でも知らない声だ。

 二人で振り向く。

 女の子がいた。

 あの人だ。

 ……でも誰だろう。分からない。

 「誰?」

 岬一くんが言う。話しかけられたのは岬一くんの方なのに、彼にも覚えのない人らしい。

 「知り合い?」

 「いや、知らない人。いこ」

 私の質問にもそんな風に返して、岬一くんはさっさと歩きだし、私もそれについていく。

 「待って…!」

 叫ぶような声が遠ざかる。

 足音が聞こえる。走って追いかけようとしているのかもしれない。

 でも、もう追いつかない。

 私が先に追いついたから。

 ううん、追いつかせない……!!

 私の方が、速い!

 

 

 

 

 ピシ、と何かがひび割れた気がした。

 

 

 

 

 ……桜の花びらが顔のすぐ横を吹き抜けていく。

 何かを囁かれたような気がして立ち止まる。

 振り返っても後ろには誰もいない。

 「古賀さん?」

 私が立ち止まったことに気づいた岬一くんが声をかけてきた。

 「あ、なんでもない」

 前を歩く岬一くんに慌てて追いつく。

 まだ青箱高校の正門は遠い。二人で話せる時間は残っている。

 二人で楽しめる次の話題は何だろうと考えながら、私はふと思う。

 さっきの囁きは何だったんだろう。

 短い音。耳に残る残響。

 砕け散ったような余韻。

 そんな、まさか。何も壊れてはいない。欲しいものはみんなここにあって、私はその時間を楽しんでいる。

  忘れよう、きっと些細なことだ。

 正門までの時間を少しでも無駄にしないために、私は今日の朝食はなんだったのか尋ねようと口を開いた。

 

~時緒、かける少女(4)へ続く~

thursdayman.hatenablog.com