読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼっちQ&A!~ひとりぼっちの地球侵略感想ブログ~

月刊少年サンデー『ゲッサン』にて好評連載中の漫画『ひとりぼっちの地球侵略』について、徒然なるままに感想を書いていくブログです。

ぼっち侵略のネクロニカ ~Aパートその4~

ぼっち侵略のネクロニカ ひとりぼっちの地球侵略 ぼっち侵略二次創作

f:id:thursdayman:20150331235106p:plain

NC「次の行動に移ろうか。さっきの対話からしてもう外に出るということでいいのかな?」

アイラ「私は早いとこそうしたいけど」

ノゾミ「私も良いかな」

コウイチ「ぼくもいいよ」

ナギ「うーん、なんか、なんか対話判定できないかな……」

 NC「別に無理に部屋の中でしなくてもいいし、出たところでナギだけ対話判定を行うことも許可できるぞ?」

ナギ「あーじゃあそれで!それでお願いします!」

 NC「じゃあ君たちは工場長の部屋を出た。金属の扉は相変わらずの様子だ。開けようと思えばすぐに開けることができるだろう」

ナギ「ノゾミを対象に対話判定!」

NC「よし、そしたら一つ心がけてほしいことがある。発狂してるのは依存だったよね?そこの発狂ペナルティを見て欲しいんだ」

ナギ「えーっと、最大行動値-2?結構痛いな」

NC「いや、そっちじゃなくてフレーバーテキストの方」

ナギ「……『幼稚退行:ひとりにしないで……いやだよぉ、こわいよぉ……』」

NC「それそれ。それを意識して対話してくれ」

ナギ「えーっ!?いきなりキツくないか!?」

NC「いやむしろこっちがもっと早くに指示すべきことだったんだけど……言うのが遅れてしまって済まない」

ナギ「う……」

岬一「凪、やれるのか?」

凪「……まか、せろ!前にも言ったろ!年上のお姉さまに甘えるのとか上手いんだぞ!これくらい難しくもなんともねぇ!!」

NC「よーし、それじゃあ始めてくれ!」

 

ナギ「ノゾミ姉さま!」

アイラ「!?」

コウイチ「!?」

ナギ「ノゾミ姉さま!私、早く戦いたい!敵を倒すの!一緒に来て、お願い!姉さまがいないと私、もう一歩も動けないの!」

ノゾミ「はいはい、別に焦らなくとも行くところは一緒だから仲良く行きましょうね~」

ナギ「うん!ぶっ殺す!ぶっ殺すんだ!楽しみだなぁー!アハ、アハハハハハ!」

コウイチ「う、うわぁ……」

アイラ「確かにドールの享年上もノゾミの方が年上だけど、実際にやられると結構引くわね、これ……」

 

NC「う……うん。案外こっちも傷を負うね、これは……とにかく、上手にやってくれたから、修正+1で振っていいよ……」

コウイチ「NCのキャラが段々崩れてきた……大変なんだなぁNCって……」

 

対話判定

ナギ修正+1→ノゾミ(4+1)、失敗

 

ナギ「あ……あ……」

コウイチ「可哀想になってきた」

アイラ「過酷ね……ダイスに嫌われてるわ、間違いなく……」

ノゾミ「ごめんね、力になれなくて」

ナギ「いや……ノゾミも名演技だった……ぜ……」

NC「オホン、さて。対話判定も終わったことだし、次の行動に移ろうか」

 アイラ「私が扉を開けるわ」

コウイチ「あれ、ナギは開けなくていいの?」

アイラ「ダメよ。仮にこの先に狂気度判定が待ってたとして、ナギが一足先に見るようなことになりでもしたら精神崩壊まであと2つになってしまうわ。余裕のある私があけるべきなのよ」

コウイチ「それだったらぼくの方がよくないですか?誰に対しても対話判定で修正入りますし、ボイスエフェクトも持ってるから狂気度に対しては一番耐えられると思います」

アイラ「……なるほど。一理あるわね。そういうことならお願いするわ」

ナギ「頼んだ……」

ノゾミ「頑張ってコウイチくん!」

コウイチ「別に頑張ることでもないよ……よし、扉を開けます!」

NC「君たちが扉を開けると、そこは高い天井で覆われた薄暗い工場だった。スピーカーが至る所に設置されており、そこから軍歌と怒鳴り声が放送されている。無数の作業機械の動く音もここから聞こえているようだ」

コウイチ「もうここが最初の場所から聞こえてきていた音の発生源と考えていいんでしょうか?」

NC「そう考えていい。というわけで、カルマ『機械の発生源に辿り着く』がここで達成される!」

ナギ「おぉー!」

ノゾミ「やったー!」

アイラ「……それで?」

NC「その他の情報が知りたい場合は工場の中にちゃんと入る必要がある」

 

コウイチ「……ここまで来たらもう入るしかないんじゃないでしょうか?」

アイラ「そうね。多分ここがゴール地点であることに間違いないでしょうし、全員で入るしかなさそうね」

NC「では全員で工場に足を踏み入れるということでいいかな?」

ナギ「俺もいいぜ。ここまで来たら流石に引き返せないからな!」

ノゾミ「私もいいよー」

NC「では、君たちは工場の中に入っていった」

アイラ「何か行動判定とか必要ある?」

NC「いや、行動判定をするまでもなく、君たちはこの工場の正確な様子を把握することができた。それは次のようなものだ。

 ……そこはアンデッド兵器の製造工場だった。無数の人影が働いており、巨大な何かを黙々と組み立てている。働く人々をよく見ると、彼らは体のところどころが腐敗し、髪も多くが抜け落ち、作業服も擦り切れた……ゾンビたちだった。そして、今まさに組み立てられつつある巨大な建造物の全貌も露わになる。全長6mはあろうかという巨大な人型。そう、君たちが日誌で読んだ死体の巨人『ゴライアズ』が眼前で作られていたのだ!

ナギ「うぉぉ……」

コウイチ「工場は日誌の計画通りに稼働してたんだ……!」

アイラ「予想していた通りとは言え、実際に様子をハッキリと描写されると思っていたより堪えるわね……」

NC「そんな衝撃的な光景を見てしまった君たちは狂気度判定だ」

ナギ「うわぁあああああああ!」

ノゾミ「来たぁー!」

NC「ただし!君たちは全員日誌の内容を読んでいるからこの光景にある程度予想はついていた。よって狂気度判定に+2の修正をかけていい!」

コウイチ「本当ですか!?」

NC「あぁ。まさか全員で読むとは思わなかったけどなw」

アイラ「あのとき読んでおいたのは無駄じゃなかったってわけね」

NC「そうだな。それじゃあ振ってもらおうか!」

 

狂気度判定

アイラ修正+2→10+2、大成功

コウイチ修正+2→3+2、失敗、ナギへの信頼2→3

ナギ修正+2→1+2、失敗

ノゾミ修正+2→9+2、大成功

 

ナギ「1……また1……」

コウイチ「ぼくも失敗したー!」

アイラ「待って!私とノゾミが大成功してるわ!NC、確か大成功したら10引いて余った数値を他人の数値に加算できるのよね?」

NC「できるぞ。えーと、アイラが12、ノゾミが11だからそれぞれ2と1、他の人に譲渡できることになるな」

アイラ「つまり合計3。これを全部ナギに渡せば合計数値は6だから……」

ナギ「おぉ!ギリギリ成功だ!」

コウイチ「ぼくもなんとかなりませんか?」

アイラ「あんたはまだ狂気度に余裕があるんだからそれくらい我慢しなさい」

 

ナギ修正+2→1+2+2+1、成功

 

ナギ「助かったぁ……」

ノゾミ「そういえば、工場の様子について他に分かることはないんですか?」

NC「んー……あぁ、これも行動判定をする必要はない情報だけど、工場の中に入ったことで、君たちは聞こえている音楽や怒鳴り声が、今から遥か昔に録音されたものを繰り返し再生しているものであることが分かる」

ナギ「結構時間が経ってるのか……」

アイラ「これは……外はどうなっちゃってるのかしらね……あんまり期待しない方がいいかも……」

NC「さて、他にやりたいことはあるかな?」

ナギ「あ、対話判定!対話判定したいです!この工場に関して!相手はノゾミで!」

アイラ「それだったら全員で行えるんじゃないかしら。私やっておきたいわね」

NC「ふむ……それなら、ナギ、コウイチ、ノゾミの3人は対話判定できるな」

アイラ「え?ちょっと、なんで私はできないのよ!」

NC「アイラは記憶のカケラを2個しか持っていないから、これ以上対話しても狂気度を下げられないんだ」

アイラ「あ、本当だ。うっかりしてたわ……」

コウイチ「会話に参加する程度なら問題ないんじゃないですか?」

NC「それは問題ないよ。ナギはノゾミと行うとして、2人は誰と対話判定する?」

ノゾミ「私はコウイチくんとする!おとこのこで修正入るし!」

コウイチ「えーと、ぼくはナギとやっておこうかな」

NC「了解!それじゃあ始めてくれ」

 

ナギ「ノゾミ姉さま!」

コウイチ「あー……そういえばまだ発狂してたんだ……」

ナギ「ノゾミ姉さま!ここでゴライアズが製造されていたのね!大変なことだわ!怖い!助けて!」

ノゾミ「ナギは大丈夫だよ~銃器持ってるし。広瀬くんは大丈夫?随分驚いていたみたいだけど……」

岬一「先輩、素に戻ってる」

希「あ、ごめん……えーっと」

ノゾミ「コウイチくんは大丈夫?随分驚いてたみたいだけど」

コウイチ「う、うん……でも怖いね……ここ……」

アイラ「工場を稼働させるためだけなら何もこんな音声を流す必要はなかったんじゃないの?あそこで働いてるゾンビたちにこんな軍歌や怒鳴り声が聞こえてるとも思えいないけど。第一、全部繰り返してばっかじゃない」

ナギ「違うんだよ……戦時下ってのは、こういう雰囲気を作らないといけないのさ……第一、ここにいるゾンビの全員が本当に望んでこうなったとも限らないだろう?」

コウイチ「え、どういうこと?」

ナギ「青酸ガスで作業員を全員殺害した後にナノマシンでアンデッド処理を施すってことは、つまり作業員の意思に関係なくゾンビ化できるってことだぜ。しかも工場全体を巻き込むほどのものなのに、今のところ工場長の日誌にしかそのことが書かれていない。もしもこのことがここにいる作業員には知らされないままに行われたものだったとしたら……」

ノゾミ「それは……ぞっとしないわね……」

ナギ「そうなのよー!ノゾミ姉さま!だから怖いのー!助けてー!」

ノゾミ「大丈夫!あなたは強いわ!自信をもって!何が来てもその銃で撃ち倒すのよ!」

コウイチ「ナギのキャラがコロコロ変わるなぁ……」

ナギ「あくまでノゾミに対してしか発狂してないからな!こういうのもアリだろ!」

NC「そんなところか……うん、じゃあ凪には大サービスで修正+3で振っていいよ。よく頑張ったよ。本当」

ナギ「あぁ……これで……やっと解放される……」

 

対話判定。
コウイチ→ナギ(7+1)、成功 信頼3→2
ナギ修正+3→ノゾミ(1+3)、失敗
ノゾミ→コウイチ(10+1)、大成功 独占3→2

 

ナギ「は……はは……ハハハハハハハハハハハハハ」

コウイチ「ナギが壊れたー!」

アイラ「ほんっと出目悪いわね。ダイス変えたら?」

ノゾミ「あ、私大成功だから未練の変更に挑戦できるのね」

NC「あぁ、そうだな」

ノゾミ「えいっ。8、保護?」

アイラ「それはやめといた方がいいわね。ナギとノゾミじゃ戦闘時に同じ場所にいることなんてほぼないでしょうし、発狂時に凄く不利になるわ」

ノゾミ「そっかー。じゃあ独占のままで……」

 

NC「さて。対話判定を終えたところで、突然警報めいたサイレンが工場内に響き渡った!」

ナギ「なんだ!?」

NC「音の鳴った方へと視線を向けると、その先には一匹の不気味なアンデッドの番犬がいる。君たちの話声を聞きつけ、ここに駆けつけてきたのだ!」

アイラ「うわ、なんか見つかった。ついに戦闘じゃないの、これ」

コウイチ「番犬をなんとかできませんか!?」

NC「残念ながらそれも間に合わない。番犬の後ろからはぞろぞろと警備のゾンビたちが姿を現す。更にそれに呼応するかのように、完成していた2体のゴライアズが拘束具を引きちぎって動き出した!」

ノゾミ「アイラの言う通りみたいね……これはもう避けようがないわ……」

NC「彼らは君たちを見つけるや唸り声をあげ、襲いかかってくる!君たちには彼らを向かい撃つ他に選択肢はないだろう!さぁ、戦闘だ!バトルパートに突入するぞ!」

 

 

ぼっち侵略のネクロニカ ~Bパートへ続く~

http://thursdayman.hatenablog.com/entry/2015/04/01/190235